FC2ブログ

・*・さっちゃん的日常・*・

~愛と笑顔の音楽の伝道師さっちゃんのブログ~

2020-07

本日、オンライン傾聴ボランティアはお休みです

本日、通院掛け持ちで、まだ帰宅できていません。
(カカオトークの入っているスマホを持っていません)
体力的体調的時間的に、申し訳ございませんが、本日、オンライン傾聴ボランティアはお休みさせてくださいね。

スポンサーサイト



「備え」


「備え」

九州地方の皆さまをはじめ、被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。
本当に言葉が見つからず無力で申し訳ないです。

先日、防災バッグを見直しました。
もう、これは酷い。
電池は溶けているし、スマホの電池式充電器はFOMAのままだし、非常食は賞味期限を大幅に過ぎてました。
当然、新しい物と交換し、マスクやエタノールウェットティッシュ、折りたたみ杖等もプラスしておきました。

もはや、「いつ、何が起こるかわからない」ことが、日常の中に不意にやってくるのが、常の世の中になっています。
自分自身、それを大きく感じたのが実家裏手の竜巻でした。
電柱が倒れて家が真っ二つとか二階がなくなっているとか、、、。
アメリカのハリケーンのような竜巻がまさか実家裏を直撃するなんて!!
(そしてそれを上回る衝撃は、その二階がない家からスーツを着て出てきて何食わぬ顔してバス停へ並ぶサラリーマン風の男性でしたが。二階が吹っ飛んでも休めない日本社会って)

私自身、自粛やニューノーマル時代以前に、つまり世の中が当たり前に経済をまわせた頃に、たくさんの入退院を繰り返してきました。
病気と治療の苦痛に加え、ステイホスピタルやホーム、仕事どころではないとう経験を嫌という程した学びから、パンデミックに関してはその心構えができていました。
そして、自分にとって大切なのは、元気に生きていることと、その命に感謝する気持ちと、友人や家族という身近な愛情ということと、音楽(祈り)ということもよくわかりました。
これらが満たされていれば割と大丈夫。
しかし、コロナは症状を感じて初めて辛くなるのに対して、慢性疾患は症状が常にあるので(人にもよりますが)その違いは大きいなぁとも痛感しています。
音楽は、私には祈りなので、それはコンサートができないとか目の前にお客様からがいないとか関係なく、どんな時も世のあらゆる全てに対して捧げているので環境をも超越するのだなぁと感じています^_^
(余談ですが、私が世界13カ国で単身演奏公演を行えているのは、日々、世界へ向けてひとりで祈りの音楽をしているから、色んな国で日本語の歌を歌えるのだなぁと)

今日は通院ハシゴデーです。
お薬も「備え」を意識して処方してもらいましょうと!

 | HOME | 

 

プロフィール

さっちゃん♪

Author:さっちゃん♪
ルクプル藤田隆二氏とのユニット「こころ楽団」ボーカルを経て、「さっちゃんとみんなのおうた」(東野純直プロデュース)によりCDデビュー。
浴衣美人コンテストグランプリ。
難病を抱える身体と小さなギターを手に日本をはじめミャンマー・カンボジア・リトアニアなど世界へと「ありがとう」を奏でる愛と笑顔の音楽の伝道師。
ファミリーコンサート・チャーチコンサート・命の授業などに定評あり。
出演のお問い合わせは事務局まで。

●さっちゃん事務局●
070-6973-1214
info_sachiyo@yahoo.co.jp

 


KEWPIEおんらいん

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する